忍者ブログ
This blog is Written by 暗黒王子,Template by ねんまく,Photo by JOURNEY WITHIN,Powered by 忍者ブログ.
自称「普通な人」の書く、たぶん「極普通」のブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[02/26 えずの軍団]
[08/02 湘南のサーフポイント]
[01/06 T.F]
[12/01 shige]
[08/28 hanako]
プロフィール
HN:
暗黒王子
HP:
性別:
男性
職業:
大学生
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
[PR]
[24] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13]
12/16 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

だいぶ間が空いてしまったけど・・・

5日


朝、詳しい時間は忘れたけど、四時半頃に目が覚め、チェックアウトの準備等をする。よく覚えてないが、たしか、6時半頃にチェックアウト。門戸厄神駅へ。乗り換え駅の西宮北口駅に到着後、何番線に行くべきかわからず、とりあえず、近くの線の名前を確認しに。なんか、今すれ違った人、naoくんに似てるなぁー、とか思ったら、本人だったwそして、新世代常連メンバーも。まさか、ここで会うとは。その後、みんなでホームのパン屋に。ちなみに、僕が行こうとしたホームが全く別方面だったのは、言うまでもない…

そして、しばらく、色々話した後、コンベンションの会場に。坂道がきつかった。朝食食べてない状態では行くべきではないですね。来年以降は気を付けよう。会場に到着。受け付けへ。荷物運びは終わったらしく、そのまま全体会の部屋へ。朝食をとる。その後作品を展示しに。面白い作品がいっぱいあるなぁ。Ericさんの作品が置いてあるテーブルをみんな敬遠して、他のテーブルが過飽和状態になっていたのは面白かった。感想は、とりあえず置いておくけど、どの作品も興味深かった。勉強になりました。

その後、全体会。そして、昼飯、講習へ。一時間目。新中人さんの猫。顔を折って時間終了。なるほど、あの顔はこうなっていたのか。そして、二時間目。nhさんの講義。フェイト・テスタロッサを作ったときのことについて。講義を受けに集まった人たちのためか、講習内容のためか、場の雰囲気が何とも形容しがたいものに。色々と面白い話が聴けて楽しかった。自分は、聞き手でいるつもりが、話を振られ、内心パニック状態に。いや、あれは、表に出ていたか。とりあえず、角配置だけ決めて、適当にやってますという。その後、実は、それは、ささみさんの方法にちかいのではという話もあったのは、少し意外だった。何と言うか、もっと根本的に違う位置というか世界というかにいる感じがしていたんですが…

三時間目と四時間目は、空けていたので、展示室でいろんな人と喋る。そして、その後、懇親会へ移動。色々あり、新中人さんたちの乗った電車に乗り遅れ、神谷さんたちについていって懇親会へ。電車の中でキャリコさんが、新中人さんの猫の顔を金魚の顔に埋め込む。いや、可愛かったですつオイ

懇親会の会場に到着。新世代常連の面々の座っているテーブルは、埋まっていたので、キャリコさん、ムラキくんと奥の机へ。色々折る。3工程で折るというお題の時、お面を折る。ちなみにそれは、4工程にしないといけないことが判明。分解、いじりまくり、なぜか奴さんにwその後、テーブルで「羽の生えた西洋風のドラゴンがほしい」という声が聞こえたので、エンシェントドラゴンに近い角配置で簡単なドラゴンを折る。その間にキャリコさんがネコバスを折る。この後のこともあるけど、この日は猫の日だった(´ω`)ムラキくんが3Dアヒルを折ったのは、この前だったっけか?まぁ、そんな感じだった。

そして、迷いつつも、新世代常連の人たちとホテルへ移動。ツインの部屋にみんなで集まって深夜まで騒ぐ。猫鍋の曲は、はじめて聞いた。黙示録のアバドンの絵を描き始めたあたりから、カオスな感じが増した気がした。しかし、折ったものは、かっこよかったなぁ。そんな感じでしばらく過ごし、解散。各自、自分の部屋に帰る。自分は、なんとなく弄ってたらできたユニコーンを折り直してたら、4時過ぎになってしまい、その後、就寝した。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする: